結局、寝正月。そして今年の抱負

2日になっても頭痛と吐き気は収まらず。薬を飲んで眠り続ける。夜になってやっと少し落ち着いた感じ。
3日も起きてはみたものの、どこか力が入らない。寝すぎかもしれないけど。
結局、家でウダウダしたままお正月は終わった。
色々やろうと思ってたのになぁ、とガッカリするけど、そもそもそんなに勤勉じゃないやろ、という自分ツッコミも聞こえてくる。
明日からしがないサラリーマン生活だ、やれやれ。

私はミーハー的に鏡リュウジファンなので、今年の運勢をサイトで占ってみた。

f:id:kumikotan:20160103215156p:image

あらまぁ、あんまり芳しくないですねぇ。
でも、今の気分にはしっくり来るかな。
最近、表面的には明るく振舞っていても、心の底には沈鬱な気持ちが沈んでいる。楽しい出来事が決してウソではなくて、その時はとても楽しいんだけれども、しばらくすると、鬱な気持ちがまた戻ってくる。心から元気だった夏〜秋頃に比べると、だいぶエネルギーが落ちている。
決定的に何かあったわけではなくて、いくつか思い当たる理由はあるけれど…、残念ながら、どれも明日すぐに解決できることではない。それも理由のひとつかな。
差し当たって、いまは今後の特に明確なビジョンもないし、燃える情熱もないけれど、年始だし、1年の目標は立ててみよう。
これまでできてなかったこと、自分がこれから大事にすべきだと感じていることとして、以下ふたつ。

❶自分の本音とより深く向き合う。
私はここ数年、自分の本音にいかに向き合うか、自分にトライし続けてきた。それまでは徹底して抑えつけてきたから、今もまだ手探りな部分がある。
ランニングや瞑想を通して、身体を使った感覚は、文字どおり、身につけつつあるけれど、まだ深いところにはたどり着けてない気がする。
私はこれからの後半生、自分の本音をきちんと知って、それと寄り添わなければダメだと感じている。表面的には恵まれてた30代だったけれど、でも結局、ハリボテだったのだから。
積極的にそとに出て行くというより、自分の中に潜って行くことが、今は大事なのかなと。
もちろん、人付き合いをしないということではなく、日常生活はそこそここなしつつも。
気持ち的には、ハンギングマンというよりハーミットでいきたい。

f:id:kumikotan:20160103221117j:image

❷感謝する・貢献する
自分は傲慢だな〜と良く感じる。
病気もなく、差し当たって路頭に迷うこともなく、優しい主人とペットたちと温かい家庭を持ち、特に人気者でもないけど、それなりに仲間もいて… でも、私はいつも不平タラタラなのだ。
自分に与えられている平安を、感謝できるようになりたい。
それから、自分のことばかり優先せず、周りの人に自分を分け与えられるような強さと優しさを持ちたい。
子どもを持てなかったから、それくらいはね、という気持ちもある。

ちなみに初夢は…
瞑想の先生が、私たちボランティアの手抜きっぷりに罵詈雑言のメールを送ってくる、という夢。
現実的には、ボランティアは手抜きかもしれないけど、先生はそんなこと言ってくるような人ではないので、正夢ということはありえない。
私の解釈は、
1つの側面から一つの解釈をして納得するのではなく、いろんな角度からいろんな考え方、可能性があるんだよ、というメッセージかな、と。
良いと思い込んでることが本当に良いのか?ダメだと思い込んでることが本音に良いのか?最初は良かったけど今も本当に良いのか?その逆は?
そういう意味では、瞑想に関連するかな。

あんまりパーッと華やかな年初の宣言ではないけど、ま、身の丈にあった目標ということで、マイペースにやろうと思います。