読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダウナー、結婚式余興撮影&ラン

木曜日は仕事始め。

忙しかったわけではないけど、数日ぶりに出社して、社長挨拶を聞かされてうんざりし、自分の周りの大嫌いな人たちにイライラし、昨年から引きずってるプロジェクトのゴタゴタの対応にも疲れてしまう。

何にコミットするんだっけ?この環境じゃないはずだよね、と自分に言い聞かせても、心身ともにテンションが下降し続ける。帰宅してもイライラが止まらず、イライラすることによる疲労がますます酷くなり、インコにさえ苛立ってしまう。主人には悪かったけど、早々に寝る。

一晩経てばリセットできるかと思ったけど、ダメだった。会社に休暇の連絡をする。アメリカ出張に出かける主人を見送って、ダウン。何もしたくない。何も話したくないし、頭を働かせることがつらい。ひたすら、スマホまとめサイトを見て現実逃避する。夜はお風呂ためてはいって、お弁当作ってみたけれど、

金曜日の朝、部内のメールのやりとりを見てさらに嫌悪が募り、会社に行けなかった。デパスを飲みたくない。元気に活動することがつらい。

スマホみて、ウトウト寝ることの繰り返し。インコとトカゲの最低限の世話をすることすらしんどくてたまらない。食欲もなく、ほとんど何も食べずに寝る。

土曜日も同じ。ただ、さすがにお腹がすいたので、でも何も作る気にも食べに行く気にもなれず、デリバリーピザを取る。1/4食べてお腹いっぱいになり、ダウン。LINEやメールすら開くのが怖い。刺激を受けたくない。閉じこもっていたい。

日曜日もずっと寝たり起きたり。少し回復して、TVやLINEはみられるようになった。TVでやっていた比叡山阿闍梨になるための修行のドキュメンタリーを見てから、お風呂に入ってまた少し寝て、出張中の主人と少しやりとり。自分の状況を愚痴ったら、励ましてくれて、社長に私のことを褒めてたんだよ、と言ってくれる。そして主人とのやり取りのなかで、プロジェクトの統括担当とのやり取り(私を鬱に追い込んだパワハラ野郎)が、思ったよりもずっと自分に苦痛を与えてたことに気づく。気づくと苦しいから、見て見ぬふりしてたんだな、プロジェクトまっただ中の私は。少し手が離れたから、数ヶ月ずっと抑圧したストレスをリリースしたんだな。私の無意識は、すごいな。主人とのLINEで少し元気になり、デパスを飲んで寝る。

今日は出かけられるか心配だったけど、少し寝坊したけど、起きて動けた。

コンビニおにぎりを2つ食べて、前によく使ったランステに集合。

チームメイトの結婚式の余興用の動画で、恋ダンスの撮影。全く練習してなかったけど、なんとか乗り切る。

f:id:kumikotan:20170109204330j:image

解散後、今月一緒にフルを走る仲間と10kmジョグして帰宅。

人と話して、ランニングしたら、やっと、通常モードに切り替わる。

たくさん溜まった宅配ボックスと郵便物を整理して再配達を頼んで、お風呂ためて入って、洗濯して、シーツ替えて布団乾燥機かけて、ゴミを整理して、食器を片付け、精米してご飯を炊き、蒸し野菜とひき肉と根菜のけんちん汁をつくり、

鳥たちの世話して放鳥し、ビールをあけて、のんびり。

明日は行けそう。

 

これまでのやり方の延長ではきっとダメなんだろうなぁ。新しいやり方はすぐには確立できなくても、でも、挑戦しなければ、報酬も得られないのだから。

欲張りだから、結果だけ欲しくなってしまうけれど、結果を出すためには、準備が必要。でもひとつに執着してかたまってたら、心身が硬直してしまう。動と静、インプットとアウトプット、両方必要。

私は同じ会社に20年勤めてるし、ランニングも大切。でもどちらも、そこに依存し過ぎないように。私はまず私でいたいし、私を支えてくれる主人との家庭が、私がいちばん、思う存分に自分を発揮できる場所なのだと思う。

何も動けず、外部との連絡を絶ってスマホでひたすら現実逃避する自分って、自分としては、正直、あまり嬉しい自分ではない。でも、私はパワーが落ちると自然とそうなる。スマホだって刺激ではあるけど、受け身でいられるからラク。頭空っぽにして、活字を読むことの快楽に溺れていたい。かといって難しかったり、自分のことを考えてしまうのは嫌で、人ごととして眺められる内容がよい。スマホがないころは本や漫画に没頭していた。私なりの回復方法。好き嫌いでどうにかできるものではない気がする。何かやれるとしたら、そういう状況に陥る回数を減らせる活動をすること。

 

 ☆今日の良かったこと

4日ぶりに起きて普通の活動ができた

☆今日の夕食

ピザの残り1/4

ひき肉と根菜のけんちん汁

☆今日の晩酌

ビール一缶