読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり週末→ダウナー突入

土曜日、主人はおでかけ。朝食代わりに、りんご剥いてタッパーに入れて持たせる。

今週のお花。

フリージア

・アスター

・ダイアンサス

f:id:kumikotan:20170412182024j:image

お昼は鬼平スペシャルを見て、そのままbsのくだらなーいドラマをつけっぱなしで掃除と洗濯、インコたちを遊ばせる。

美容院へ行き、帰りにスーパーでお酒を買って、本を読みながら飲む。

日曜はゆっくり起きて、主人リクエストで焼きそばを作って食べる。

そのあとは雨も降ってるし、なんだか気が乗らず、何もせず、ランニングも行かずにゴロゴロ。主人が宇都宮で冷凍餃子を買ってくれてたので、ホットプレートを出して焼いてくれた。私は簡単にチョレギサラダだけ作って、土曜日の残りのワインをあけた。お風呂入って寝る。

 

ここまでは普通に過ごしてたけど、月曜日の朝起きた時に「私はいつまでこうして病気と闘って頑張り続けなければいけないのだろう。なぜ私だけが?」という気持ちが突然湧いてきて、さあ起きてがんばろう、という気持ちが潰れ、動けなくなった。

何故、私だけこんな病気になってしまったのか。

私はいつまでこうして再発にビクビクしながら、恐る恐る過ごさなければいけないのか。

何故トラウマとひとり、毎日毎日、辛いことがあっても闘わなければならないのか。

そんな自分の中の本音が荒れ狂う。

エゴイスティックだけれど、でも自分は私だけ損した、酷い目に合わされた、と思っていることは事実。被害者だと思っている。彼らがとても憎いと思っている。乗り越えたいけれど、いまだうまくいってないことに苛ついている。

恐ろしくて、スマホでずっと何かを読みふけって現実逃避する。自分に向き合うのも周りと接するのも、怖い。誰にも会いたくないし話したくないし、何も食べたくないしどこにも行きたくない。

月曜日と火曜日はそうして過ごした。

今の私は、事実として、月に一度のペースでこういう状態になる。

誰でも波はあるけれど、これは正常なことなのかしら?と疑っている。

私はまだ病気なのではないかという恐怖。トラウマはそう簡単に消えなさそうだ。