忍野&山中湖旅行:day2

5時過ぎに起きる。主人はもう起きていて、富士山の写真を撮っていた。

f:id:kumikotan:20170604211805j:image

6時にお風呂がオープンするのを待って朝風呂に入り、身支度して、朝ごはんは間に合わないので昨日買っておいたおにぎりを食べ、ホテルからタクシーでスタート場所へ。

今回の旅のきっかけ、富士忍野高原トレイルレース。初心者なので、ショートコース13.9kmにエントリー。

f:id:kumikotan:20170604212155j:image

人が多すぎず、トイレも並ばないし、荷物もすぐ預けられるし、スタッフもほのぼのとしてて良い感じ。

スタートして3キロくらいは、田んぼの中の平坦な道を土ボコリにまみれながら、ゆるゆる走る。山に入ったら、延々と登り。最初の数キロは走ってたけど、だんだんきつくなり、周りも歩いてるので、歩き始める。登りは慣れてないので、なかなかキツイ。途中、一箇所だけ自衛隊の人が監視してるくらい、これ滑って落ちたら大ケガかな…的なキツイ箇所があって、怖くて、木に掴まりながら慎重に登る。下りになると、土が湿っていて、靴がロード用のせいなのか、慣れてなくて怖いせいか、多分両方だけど、かなり滑る。横をロングやミドルに出てる早い人たちがどんどん追い抜いていく。私は怖がりだから、何度かヒヤヒヤした。

それでも、やっぱり楽しい。涼しい森のなかを鳥の声を聞きながら、道を見て、どう動くと転ばないか?効率的か?と考えながら走るのは、ロードにはない面白さ。笹をかき分け、枝を避け、どんどん下っていくのは、人間の野生を取り戻したみたいで、単純に楽しい!と感じる。

2回目の給水所でまんじゅうとオレンジを頬張る。富士山頂は見えないけど、雄大な景色。

f:id:kumikotan:20170604213135j:image

給水所過ぎたら、割と楽な下りだったので、ヒャッホーウという感じで下る。ラスト3キロくらいはまた平坦なロード。山で走って身体が動くようになったのか、キロ6分切るくらいのいつものスピードで走る。

ゴール後は、タオルとお蕎麦と豚汁。

f:id:kumikotan:20170604213324j:image

f:id:kumikotan:20170604213334j:image 

主人にピックアップしてもらい、日帰り温泉へ。汗と埃を流してから、念願のビールとほうとう

f:id:kumikotan:20170604213417j:image

道の駅で野菜を買い、コロッケを食べてから、西湖近くの野鳥の森センターで最後の森林浴をしてから帰路へ。

自宅近くの王将で、レバニラ炒め、餃子、生ビールで夕食を済ませてから帰宅。荷物を片付け、洗濯し、お風呂につかってから、一杯やって寝る。