三連休day3〜 仕事本格始動→ダウナー

三連休最終日は、昨年退職した仲良しの先輩の新居へ。

5人でワイワイもりもりガヤガヤ、半日以上食べて飲んで楽しかった。

連休明けは、仕事本格始動。考えたり計画したりする活動が本格化したけど、年末年始休みで、脳が鈍ってるせいか?異様に疲れる。

夫の体調も良くないので、毎日ほぼ定時で帰宅し、スーパーだけ寄って帰る。

帰宅ランは火曜日だけ。

飲みにもいかず、家でちょっと飲んで早寝。

と、だいぶ活動をおさえたけど、それでも、しんどかった。

上司がご家族のご不幸で一週間休みで、気を張ってたせいもあるかもしれない。経営職じゃないけど、在籍年数的にナンバー2なので色々と振られて疲れた。

あと、ふだんは平日はあまりご飯を作ることがないけど、夫がいるから、ご飯の支度のことを色々考えたせいかもしれない。(お子さんがいる人はこれが普通なんだろうけど…すごいなぁ。)

とにかく、疲労感の強い週だった。

金曜日は在宅勤務だったけど、本当に疲れてしまって、フレックスで勤務終了。

掃除して洗濯して、モッコウバラオベリスクを組み立てて、豚汁を作る。

鍼治療に行ってた夫がお土産を買ってきてくれたので、晩酌する。開放的な気分になり、本読んだりして、この日は夜更かし。

f:id:kumikotan:20180115223525j:image

土曜日はもともと予定はなかったけど、走りに行こうと思っていた。が…動けない。ツライしんどい。あーこれはダメなやつ、と判断してベッドに戻り、そこから日曜日までずっと、ダウナーモード。

夫が食事の世話やらインコの世話を引き受けてくれた。

 

疲れといっても色々あって、頭の疲れなのかココロの疲れなのか身体の疲れなのか、で対処法も違うのかもしれない。

私は今はそこを的確に捉えられていないし、適した対処法も見出せていないなと思った。

寝ることはたぶん共通だろうけど、それだけではないだろうな、きっと。

なにかを考えすぎることは、楽しいことであっても、疲れてしまうのかもしれない。

定期的に読書、という習慣を身につけたくて、最近、トライしている。最初は面倒な気持ちもあるけど、読み始めてみたら、アタマが動き出して、よい気持ち。

ツライこと、義務感ではなかなか、続けられない。私のように自律心のない享楽的なタイプは、それこそ、「これって、楽しい!」を見いだすことが大切だと感じている。