ちょっとダウン、リカバリ

月曜日は普通に出社。でも、先週の昇格試験対応のために、過去のプロジェクトの詳細を漁ったことで、またあの時の気持ちを思い出す。

10年近く頑張ってきた仕事を、コストと切り捨てられ、かつ、コスト削減を経営層にレポートしなければならなかった、あの時の孤独。

逃げられたらよかった。でも、あの仕事にきちんとタッチできたのは、現実的に私だけだった。私がやらなければ、ケリをつけられなかった。だから、心を殺して頑張った。

でも、辛かった。私はなんのために仕事してきたのか。誰も助けてはくれなかった。

それでも、私がやらなきゃ、誰がやる。歯をくいしばって、会社に行っていた。

辛かった。

フラッシュバックがひどくなってきて、早く寝たのに、眠れない。

火曜日は会社を休む。

f:id:kumikotan:20180524210553j:image

散歩して、買い物して帰宅。心の中に苦しみが残ったままで、寝ても起きても苦しい。

水曜日は、いったん家を出たけれど、電車の中でパニックになり、会社のビルに入るのが怖くてドキドキしてくる。前にもあったことだから、もう諦めて、遅刻する。コーヒーを飲み、少し泣いてから会社に行く。

会社のビルに入るまでは、オロオロするのだけれど、入ってしまえば、本当に普通に仕事できる。

でも疲れるから、ほぼ定時で帰宅。

木曜日も、起きて動けるけれども、会社に行く勇気が出ない。電車で泣く。私は、あの時、本当に辛くて孤独だったことを追体験する。私はあのとき、辛かった。毎日、泣きたかった。吐き出せなかった気持ちが、今も残っていて苦しい。

少し遅れて出社。

仕事は、淡々と、普通にこなして退社。

イギリス王室のロイヤルウエディングを見ていたら、自分の結婚式を思い出したので、ダンナにGoogleフォトを共有してもらった。

指輪がめっちゃきれい。笑笑

f:id:kumikotan:20180524211319j:image

f:id:kumikotan:20180524211329j:image